茨城県で東京を意識するならつくばエクスプレス沿線がおすすめです

茨城県内で新しく生活を始める場合、住まいはつくばエクスプレス沿線が良いのではないと思われます。特に東京都内に職場や学校のある方にとってつくばエクスプレス沿線に住まわれるのが良いと思われます。

 

茨城県県内でつくばエクスプレス沿線と言うと、守谷市、常総市、つくばみらい市、そしてつくば市となります。これらの市は茨城県の南部にあり、つくばエクスプレスを利用すれば東京都内まで1時間以内の距離となります。

 

その周辺であれば、下妻市や取手市も良いでしょう。下妻市はつくばエクスプレス沿線ではありませんが、関東鉄道常総線がつくばエクスプレスの駅に停車しますので交通の便を心配する必要はありません。下妻市などは田園風景の広がる地域で筑波山も近くに見えます。

 

自然を楽しみたいという方には良い場所となります。鉄道だけではなく、近くに圏央道のインターチェンジもありますので車での移動にも不便はありません。つくばエクスプレス沿線の守谷市やつくばみらい市、つくば市と比べると家賃も安くなっているようです。取手市であればJR常磐線の利用も可能です。

 

JR常磐線を利用すればつくばエクスプレスと同様に東京都内まで1時間以内で行くことが可能です。このように茨城県南部は東京圏内となり鉄道網も発達しているため人口も多く、それに伴いショッピングセンターなどの施設も充実しています。茨城県でも東京圏内ということを意識したいのであれば茨城南部のつくばエクスプレス沿線、または常磐線沿線に住居を構えるのが良いと思われます。