宮城県で住みやすい場所

お仕事場とかにもよりますが、仙台駅周辺からその北部という前提で書かせていただきます。
その前提で宮城県内で住みやすい場所を挙げるならば、富谷市の、明石台、成田地区がかなりおすすめです。

 

当該地域は、仙台市に隣接していて、ここ20年くらいで住宅がいっきに増えた場所です。ですから、道や街並みも非常に綺麗で閑静です。人口が増えてきて最近、町から市になりました。ただ気をつけなければならないのが、同じ富谷市でも、戦前からある古い北の方の地域は仙台市内へのアクセスが非常に悪い事です。

 

同じ市内でも住み間違えると大変な事になります。宮城県内はバスや電車が使いにくい土地であるため、車を持つ事が生活の前提になるでしょう。富谷市は国道4号線沿いにあり、買い物はその地区は駐車場が広いショッピングモールがあるんでよっぽどその近くなら別ですけど、毎日車を使う事になるでしょう。また、仙台市内やその他地域への外出も車になるでしょうなるでしょうね。

 

もし、飲みごとなどで公共交通機関を使いたいという場合も、富谷市の明石台や成田ならバス一本で地下鉄の泉中央駅に出る事が可能で、地下鉄に乗れば仙台駅まですぐに着きます。仙台駅まですぐなので、旅行や帰省などにももってこいでしょうね。

 

宮城県で家探しをする上で気をつけなければならないのは、震災後に海側の市町村に住んでいたかたが内陸部に移動してきて、仙台市だけではなく、その富谷市も賃貸物件が不足気味という事です。