最終的に決め手となるポイントを確認して業者を決めましょう

引越しを行う時には、業者に支払う費用以外でも、家電や家具の買い替え、様々な手続きなどもあるので、できるだけ節約して安いところを選びたいと思われる方が多いでしょう。しかし、見積もりがほとんど同じで複数社の中から1社を絞り込んで行くのは、なかなか決め手が分かりづらいものですよね。

 

後々の、トラブルを未然に防ぐためにも引っ越し費用だけで判断することなく、その他のポイントを把握しておけば役立ちます。
まず、訪問見積もりをした時の営業の担当者の態度や発言にも注目しておきましょう。あまりに雑であったり、逆に、愛想が良すぎて不要なことまでしゃべったりする場合には、信頼が持てない可能性もあるので、出来れば避けるようにしましょう。

 

また、どれだけの補償をしてくれるかも必ず知っておく必要があります。丁寧に細心の注意を払っていても、家具や家電、物件に傷がついてしまうことや破損も考えられるからです。その時になってトラブルになるよりは、事前に、どれくらいの補償が付随しているかもチェックしておきましょう。

 

ですから、訪問見積もりをしてもらうのは、その引っ越し業者のタイプを知る上でもとても重要なチャンスです。一概に料金で判断するのではなく、どんなふうに社員教育されているかという点についても着目しておきましょう。安心感が感じられる対応というのは、必然的に利用者にとっては選びたくなる業者になります。

 

もちろん、インターネットで口コミを調べることも行うでしょうが、それがすべて正しいかどうかというのは実際に確証は取れません。そんな時に役立つのが友人や知人からの情報です。引っ越しの経験がある人から様々な業者の感想を教えてもらうのが賢明です。

 

そのような身近での情報が得られておけば、営業担当者と話す時にも「知り合いがお宅を利用したのですが良かったそうですよ。」と伝えれば、その情報を有難いとも思うでしょうし、お客様に対して出来ないのでないがしろにする扱いはしなくなるようになります。

 

ですから、絞り込みづらい場合には、このような決め手を抑えた上で最終的に1社に絞り込んで行くことが賢明です。

単身引っ越しサービスはどのように選ぶのか

cmx155-s一人暮らしの引っ越しは、友人や家族に頼んで自分たちで済ませてしまう人も多くいますが、実際本当に自力での引っ越しの方が費用は安く済むのでしょうか?

 

最近では、引っ越し会社にも一人向けの「単身引越しサービス」と呼ばれる格安の引っ越しパックが登場しています。

 

実は、こちらのサービスを利用すると、かなり引っ越し費用を抑えることが出来るのです。
そこで、単身引っ越しサービスを利用する際の業者選びについてコツを教えます。

 

まず、単身の引っ越しでなくても言えることですが必ず複数の業者に見積もりを依頼することです。
競わせることで、価格はかなり下げる事ができるでしょう。

 

また、一人暮らしの引っ越しなので必ず平日での引っ越しもオススメします。
平日と休日とでは値段にかなり差が出てくることがあるためです。

 

単身サービスと言っても、実は大きく分けて二種類のタイプがあります。

 

・料金固定のパッケージタイプ

・通常の見積もりタイプ

 

パッケージが既に決められていて、値段も固定されているタイプと、普通の引っ越しと変わらない見積もりを出してもらうタイプのものです。

 

パッケージが決められている物は、宅配便のシステムと似ていて、引っ越し業者に荷物を預ける日と、配達される日が異なります。

 

安さは魅力的ですが、運べる荷物の量も制限されますし、日にちをまたぐので、どちらが良いかはご自身の都合に合わせて選ぶことをお勧めします。

 

会社によってこのようにパックの内容も異なりますから、単身引っ越しサービスの中身をしっかり理解して選ぶことも大切です。

 

また、単身パックでベッドなどの大型家具を運んでしまうと一気に値段が跳ね上がってしまう場合もありますから、家具などは購入して現地へ配送してもらうのがベストでしょう。

単身引越しの料金はいくら?クロネコヤマトが1万5000円、日通が1万9000円

単身引っ越しなら、料金を明言している大手運送会社がオススメ

 

最近では引っ越し業者も多くなっていて、どこのサービスを利用するか迷ってしまうことが多々あります。

 

単身引っ越しの場合や家族などのある程度大規模での引っ越しなどがありますが、それぞれの業者で力を入れている部分が違うため、利用するサービスによって業者を選ぶことが重要となります。

では、単身で引っ越しをする場合だったとして、その場合はどのような業者がオススメになるのでしょうか。

 

単身引っ越しというのは、基本的にそれほど多くの荷物を運ぶわけではありません。

基本的に一部屋程度の少量の荷物の場合が殆どですから、価格で選ぶのが良いかもしれません。

 

引っ越し業者によっては、少量の荷物の場合が多い単身引っ越し専門のプランを用意していて、通常の引っ越し業務であれば5万6万かかる料金が、単身引っ越しプランであれば1万円程度で抑えているということも少なくありません。

 

しかし、引っ越し業者の殆どが価格公表をしておらず、状況に合わせて見積もりを出すことが求められます。

008008_jp

公表している数少ない業者としてクロネコヤマトが1万5000円、日通が1万9000円となっています。
その他、アート引越センターや引っ越しのサカイなどの引っ越し専門の所では、見積もりを出さないと正確な価格は出てきません。

 

価格を明言していないところの方が多いとはいえ、やはり利用者からしてみればしっかりと明言されている方が安心感があります。

公表しているところは大手の運送会社ですし、仕事にも安心感がありますので、やはりこういった所を利用するのが良いでしょう。