利便性を求めるなら福島市福島駅周辺がおすすめ

東北本線福島駅を利用することができる周辺に住んでいれば、新幹線で東京までは約1時間半、そして東北の大都市仙台へも30分ほどで行くことができるという便利さがあります。

 

福島県自体中心部でも長閑さのある穏やかな地域ですので、交通の便がいいことで知られている福島市の福島駅近くであってもオフィスビルや商業施設こそ立ち並んではいますが、都会のような喧騒はあまり感じられません。利便性のいいところに住みたいけれどもあまりゴミゴミとしていて煩すぎるのは嫌だ、と考えているかたにもおすすめです。一人暮らし用の部屋が4万円台前半から見つけやすいなど、家賃や物価の安さも魅力です。

 

普段の買い物は福島駅の中に入っているで商業施設で日用品から食べ物まで買い揃えることができますし、海も山もある福島県は食べ物が美味しいことでも知られています。駅の近くにはリーズナブルな飲食店も多くありますから、仕事帰りなどに気軽に立ち寄ってお腹を満たすことが可能です。

 

駅から徒歩圏内には全国展開されているカフェやファストフード店、それに地元密着型のスーパーやドラッグストアなども多数ありますので、不便さ感じないでしょう。比較的夜が早いので夜10時も過ぎると真っ暗になってしまいますが、それでも周辺地域に比べるとまだ人通りがありますから、女性が暮らす上では安心です。

 

一休みしたい時には電車で20分ほどで福島県を代表する観光スポット、飯坂温泉まで足を運ぶことができます。気分転換には最適です。

岡山に引越しするなら

岡山へ引越しするにあたって、色々と加味する点があると思います。例えば、仕事場がどこにあるのか・どういう所に住みたいのか・通勤手段、移動手段(自家用車・自転車・タクシー・バスなど)はなんなのか・街中が栄えている所に住みたいのか・閑静な住宅地に住みたいのか、などということが主に挙げられると思います。その中でも岡山市の中心部への利便性を選ぶとすれば、岡山の北部がおすすめではないかなと私は思います。

 

岡山の北部で岡山市に近い所を挙げるとするならば、津山市か美咲町などがあります。いずれも、都市までは車でも時間をかけずに行くことができ、バスなどの公共交通機関も多く通り、JRもさほど遠くありません。総合運動公園も近くにあります。岡山市に住むよりも家賃が安いということもありますし、周りは閑静な住宅地であるということもありますので過ごしやすいと思います。

 

また、気候としても比較的暖かい気候でありますので、時間を見つけて歩いて岡山市中心部へ行ったり、自転車を使ったりと非常に幅が広いと思います。

 

反対に、岡山南部を挙げるとするならば、岡山市に住んでも良いと思いますし、観光名所もありとても静かで歴史的な建造物も並ぶ倉敷市に住んでも良いのではと思います。もちろん、交通の便も良いですし、中心部への移動も大変ではありません。しかしながら、家賃がそれなりにかかつてしまうことだけが気をつける点ではないでしょうか。

 

上記に挙げた点を踏まえ、岡山北部に住むのが一番過ごしやすく住みやすい地域ではないでしょうか。

太田市がおすすめです、買い物できる店や病院っが多くて永住にピッタリ

私は群馬県で住みやすいのは太田市だと思います。取り立てて大きな長所は無いですが総合的に住みやすい街です。
他の街は何かしら欠点があってここが一番安定だと思います。

 

群馬の中では買い物がしやすいです、イオンがありますし、駅の辺りにはお店がく、ニトリ、ドンキホーテ、カインズ、ピット100、PCデポ、などの色々あるので洋服、食品、日用品、子供用品など揃いやすいです。

 

国道52号の先にあるミスターマックスが安くておすすめです。
407号線沿いにスターバックスもあります。
南口の大通りの方にはキャバクラやスナックもあります。

 

交通の便は良いです、高速が近くにあるので出かける時には便利です。
北関東道があるので、高速へのアクセスもしやすいです。
市の中心地であれば車の移動に便利ですが、北側は車の移動がしにくいです。
注意点は、車無しでの生活は少し不便な事でしょう
駅前の国道407が渋滞し易いです。

 

医療施設や病院は充実してて、大きな総合病院がけっこう多いと思います。
駅の周辺に巨大な総合病院があり、県内で唯一のがんセンターがあります。
北部の方にも総合病院があります。

 

年配の方が住むなら群馬の中で一番良いでしょう。
子育てもしやすいと思います。
待機児童が少ないし、市長が子育て支援をアピールしています。

 

田んぼや山などの自然が多くあって空気も良いです。
観光地では金山城跡があります。
台風や洪水など自然災害はほとんど無いので家を建てて永住するのにオススメです、

栃木県は宇都宮市もしくは新幹線沿線の都市がおすすめです。

栃木県は首都圏から離れていてどちらかといえば地方になるのですが、繁華街や商業施設もあり、住みやすい地域がたくさんあります。また首都圏から離れているだけに全体的に賃貸の家賃は安めなので、女性が一人で暮らしても経済的にはそれほど大きな負担にはならないものです。

 

その栃木県で最も住みやすい都市として、やはり県庁所在地の宇都宮市が挙げられます。特に宇都宮市内のJR宇都宮駅には複数の在来線と東北新幹線が乗り入れているので、JR宇都宮駅周辺に居住することで電車やバスなどの公共交通機関が利用しやすくなります。

 

JR宇都宮駅のバスターミナルからは、路線バスの他に東京や大阪などを結ぶ高速バスも出ていてバスを利用して遠方に向かうことも可能です。駅周辺の賃貸というと家賃が高めなイメージがありますが、首都圏の駅周辺の家賃と比較すれば明らかに安いです。女性の一人暮らしであればオートロック付きのワンルームもしくは1LDKくらいの大きさの物件を借りることが多いですが、東京都内と比較すると状況によっては半分以下の家賃で住むことも可能です。

 

宇都宮市内でなくても新幹線沿いの小山市や那須塩原市であれば、遠方に行く際も新幹線を利用すると便利なので住みやすいです。すでに自家用車など自分で交通手段を持っている場合は、栃木家のどの地域でも暮らすことは可能ですが、東北自動車道や北関東自動車道が通っている地域に住むと車での移動が特に便利になるのでおすすめです。

便利さを考えるなら岐阜駅周辺がおすすめです

岐阜市は気候的には夏は暑く、冬は多くの雪に埋もれてしまう少し大変な土地ではありますが、都会すぎずに程よく田舎、喧騒で慌しさを感じるような都会の空気とは少し違った良くも悪くも落ち着いた地域といった印象です。

 

市内には鵜飼で有名な長良川、金華山といった自然豊かな情景が見られますが、岐阜駅を中心にして生活に不便のない商業施設も揃っています。一人暮らしのかたはもちろんですが、子育て世代や引退したシニア世代にも人気の地域です。

 

新しく生活をするのであれば、利便性を考えて岐阜駅周辺に住むのがおすすめです。駅を出るとすぐに金色に輝く織田信長像を目にすることができる岐阜駅ですが、オフィスや商業施設が多く立ち並んでいるため落ち着いている岐阜市内でも一際人の多いエリアです。

 

鉄道アクセスのよさから近年は再開発が進められており、周辺には新しいマンションなどの建設が積極的に行われていますので物件も探しやすくなっています。商業施設街から少し離れた駅の徒歩圏内にも住宅街が広がっており、前々からあるアパートなどからも物件を見つけられるでしょう。1DKなら5万円弱から探しやすい家賃の安さも魅力ですし、さらに駅から遠く、自転車で通えるようなところで問題なければ4万円台からの物件が多くなります。

 

何といっても、岐阜駅から大都会の名古屋まで20分程度で行けるところが魅力です。駅周辺では物足りない買い物やレジャー施設も、名古屋まで簡単に出ることができる点で解消されます。利便性を考えるなら岐阜駅の近くに住むのが非常に便利です。

長野に住みたい?

長野県といえば、水が美味しいのでわさび農園や松本城、善光寺といろいろ色々あります。

自然たっぷりで、でも市街地に行けばお店や食べるところもたくさんあるのでとても良い土地柄です。

 

中でも松本市は長野県で一番大きな市で、駅前は特に栄えていて、とても賑やかです。

交通の便はそれほどでもなく、電車やバスなどの公共交通機関だけでは、生活をするには不便です。

車がないとどこに行くにも不便かもしれません。

バスなどもとても狭い路地を通ったりするので、時間通りに来ないこともしばしばあり、やはり車がないと大変です。

 

また、道路も非常に混雑しているので時間帯によっては大変になっています。

平日も休日も街中は本当に渋滞するようになっています。

抜け道を知らないとかなり苦労するでしょう。

 

駅前コインパーキングの値段は土地柄もあってか安いです。

生活環境においては、冬はとても寒く、雪もかなり多いです。

スキーなどの冬のレジャーもしやすいようになっています。

 

ストーブ等の暖房器具は絶対に必須アイテムです。

(その分灯油代が結構かかりますのでお金は出ていきます。)

自然豊かな環境で観光地としてもかなり良いところです。

子育てしたいけど、田舎は不便そう嫌であったり不安がある場合はとても良い土地になっています。

周りは山や自然にとても囲まれているますが、都市として発展もとても楽しめるようになっているため、有名なお店や発展している企業もたくさんあります。

新潟市中央区をお勧めします

新潟県内で女性が一人暮らしをされるならば、新潟市中央区をお勧めします。とくに、中央区の東堀通や古町通、西堀通のエリアは新潟駅まで自転車で10分圏内にあることから、電車での通学や通勤に便利ですからお勧めです。新潟市内にある官庁街や企業にお勤めならば、なおさら通勤には便利な立地です。

 

また、このエリアには大手スーパーや大手百貨店が出店していますので、日々の食材購入など買い物に不便することはありません。さらに、近隣には新潟大学総合病院がありますから、仮に重い病気になったとしても、詳細な検査を受けたり、通院するには便利な立地となっています。

 

そして、このエリアには新潟市役所や中央区役所がありますので、行政上の必要な手続きは徒歩や自転車で行って済ませることができます。

 

肝心の住居ですが、女性の一人暮らしを前提とする物件ならば、ワンルームの中古分譲賃貸マンションをお勧めします。新築の賃貸マンションならば家賃は高くなりますが、中古の分譲賃貸マンションならば、例えば古町通2番町にある築20年程度で20平方メートルの広さの分譲賃貸マンションで月額賃料が3万5000円前後で借りることが可能です。

 

分譲賃貸マンションですから、平日にはエントランスに管理人が常駐していますし、エントランスにはオートロックが設置されていますから不審者やストーカー、訪問営業事業者たちが勝手にマンションに入ってくることはできません。このため女性にとっては安心感を持てる物件だと思いますし、賃料面でも割安感を感じることができると思います。

宮城県で住みやすい場所

お仕事場とかにもよりますが、仙台駅周辺からその北部という前提で書かせていただきます。
その前提で宮城県内で住みやすい場所を挙げるならば、富谷市の、明石台、成田地区がかなりおすすめです。

 

当該地域は、仙台市に隣接していて、ここ20年くらいで住宅がいっきに増えた場所です。ですから、道や街並みも非常に綺麗で閑静です。人口が増えてきて最近、町から市になりました。ただ気をつけなければならないのが、同じ富谷市でも、戦前からある古い北の方の地域は仙台市内へのアクセスが非常に悪い事です。

 

同じ市内でも住み間違えると大変な事になります。宮城県内はバスや電車が使いにくい土地であるため、車を持つ事が生活の前提になるでしょう。富谷市は国道4号線沿いにあり、買い物はその地区は駐車場が広いショッピングモールがあるんでよっぽどその近くなら別ですけど、毎日車を使う事になるでしょう。また、仙台市内やその他地域への外出も車になるでしょうなるでしょうね。

 

もし、飲みごとなどで公共交通機関を使いたいという場合も、富谷市の明石台や成田ならバス一本で地下鉄の泉中央駅に出る事が可能で、地下鉄に乗れば仙台駅まですぐに着きます。仙台駅まですぐなので、旅行や帰省などにももってこいでしょうね。

 

宮城県で家探しをする上で気をつけなければならないのは、震災後に海側の市町村に住んでいたかたが内陸部に移動してきて、仙台市だけではなく、その富谷市も賃貸物件が不足気味という事です。

札幌市にすみたい!

北海道で暮らすならやっぱり都会でなおかつ自然も楽しめる札幌市です。

有名なだけあって、空港も近く、電車もあり、交通のべんはとても良いところが魅力です。

 

さらには観光地でもあるので、楽しめて、自慢できる場所もたくさんあります。

ところで住むとなるとまたがった目線で見ていかないと、長く生活するには色々なポイントがあります。

特に札幌では冬は雪がとてつもなく降り積もります。

 

その場所で生活するにあたってはやはり地下鉄がないとここぞというときに外出ができません!

そこでオススメしたいのは地下鉄沿線ですむ場所を決めることです。

南北線、東西線、そして東豊線、3つの路線があるので、それぞれ札幌の東西南北をうまく結んであるのでここから見つけると良いでしょう。

北区の家賃は安めなので、学生や外国人が多いのが特徴です。

 

家賃に負担をかけないのが特徴です。

麻生周辺はスーパーなどが多くご飯を食べるところやお酒を飲むにはとても便利な場所ですが治安を考えると女性にはオススメできません!

国道沿いは騒音が気になります。

市内でとくに家賃が安い地域が白石区や東区など、東です。

全体的に家賃が安いため、家賃の安さを考えるのであれば白石区や東区の物件はオススメです。

 

このように場所によっていろいろと家賃や住みやすさが変わってきます。

さらにこのさきずっと住むのか、それとも一時的なものなのかでも変わってきますので自分のライフプランとよく相談することです!

茨城県で東京を意識するならつくばエクスプレス沿線がおすすめです

茨城県内で新しく生活を始める場合、住まいはつくばエクスプレス沿線が良いのではないと思われます。特に東京都内に職場や学校のある方にとってつくばエクスプレス沿線に住まわれるのが良いと思われます。

 

茨城県県内でつくばエクスプレス沿線と言うと、守谷市、常総市、つくばみらい市、そしてつくば市となります。これらの市は茨城県の南部にあり、つくばエクスプレスを利用すれば東京都内まで1時間以内の距離となります。

 

その周辺であれば、下妻市や取手市も良いでしょう。下妻市はつくばエクスプレス沿線ではありませんが、関東鉄道常総線がつくばエクスプレスの駅に停車しますので交通の便を心配する必要はありません。下妻市などは田園風景の広がる地域で筑波山も近くに見えます。

 

自然を楽しみたいという方には良い場所となります。鉄道だけではなく、近くに圏央道のインターチェンジもありますので車での移動にも不便はありません。つくばエクスプレス沿線の守谷市やつくばみらい市、つくば市と比べると家賃も安くなっているようです。取手市であればJR常磐線の利用も可能です。

 

JR常磐線を利用すればつくばエクスプレスと同様に東京都内まで1時間以内で行くことが可能です。このように茨城県南部は東京圏内となり鉄道網も発達しているため人口も多く、それに伴いショッピングセンターなどの施設も充実しています。茨城県でも東京圏内ということを意識したいのであれば茨城南部のつくばエクスプレス沿線、または常磐線沿線に住居を構えるのが良いと思われます。